美しいものだけを見ていたい。

ヲタク只今充電完了!

工藤遥に閃光スクランブルの亜希子をやってほしい話

閃光スクランブル *1

あらすじ

人気アイドルグループ、MORSE(モールス)に所属する亜希子は、自らのポジションを確立できず葛藤している。同期の卒業、新メンバーの加入と、亜希子を追い込む出来事が立て続けに起きる中で、年上のスター俳優・尾久田との不倫に身を任せていた。そのスクープを狙う巧。彼は妻を事故で亡くして以来、作品撮りをやめてパパラッチに身を落としていた。巧と亜希子が出逢った夜、二人を取り巻く窮屈な世界から逃れるため、思いがけない逃避行が始まる。互いが抱える心の傷を癒したものとは——。

登場人物


高橋巧(たかはし・たくみ)
カメラマンとしての志半ばで起きた妻の事故死をきっかけに人生が暗転。現在はゴシップカメラマンとカメラアシスタントの二重生活を送っている。
伊藤亜希子(いとう・あきこ)
アッキー、MORSEメンバー。スター俳優の尾久田とは不倫の仲。
白波ユウア(しらなみ・ゆうあ)
巧の同級生で元妻、8年前に交通事故で死去。

亜希子

‪亜希子は、真面目でただひたすらMORSEの為に活動を続けるアイドル。巧が亜希子と出会う前、彼女はフロントマンのミズミンと対比され白と紺と言われる。地味ででもただひたすらそこにいて、MORSEに欠かせない存在。でも、彼女の本質は違って…たしかに誰かのために、グループのために‬ ‪愚直になれる素直さは持っているけれど、その一方でどこか退廃的で‬…自分なんて結局は何ものでもないなんて志向を抱きがち。特別になりたい。認められたい。できればセンターに立ちたい。
でも、グループのことを考えるとそれは違う。…みたいな。
それでいて、実力も実績もあるのだから
私は立つべきではないと思うけれど、きっと立てるだろうみたいな楽観的なところもある。

大人な風に…紺色に見えて
彼女はきっと所々穴が開いていて隙間風が吹いていて今にも破れそう。

そんな亜希子を"満たす"のが尾久田。

不倫。俳優。
相方に振り回され、そんな自分に振り回される。
自己評価。他者評価。

閃光スクランブルはそんな雁字搦めになってる亜希子と
また、闇から戻れない巧が手と手を取り合い、自分たちを取り戻す話…だと思われがち。

しかし、私は違うと思う。

『誰かのために生きる亜希子が自分のために生きる』話でもない。

巧のレクイエムを亜希子が終わらせる話。


亜希子はオルフェウスを救世主と呼ぶが
本当は自身をオルフェウスとし、愛を叫びしかし、愛を拒み続けてきた男を亜希子が救う話だ。


工藤遥

工藤遥の演技の魅力。
役者・工藤遥の魅力は空虚だと思う。
舞台に立つ彼女は、120%の心を燃やし
ときに袖で倒れてしまうほどまで命懸けで演じる。
しかし、その一方で自分を大切にしないそれは、彼女の彼女たる所以が無くなってしまうのではないか?
とハラハラさせる。

彼女自身が、どんなに愛されている環境にいても
彼女の演技は寂しい

愛されたい!という声が聞こえる。

誰か私を見て!と叫ぶ。


悲痛の声。


亜希子と同じように、認められる実力もある。実績もある。しかし、彼女が真ん中にいることはなかった。全てはわからない。亜希子のように幻めいたものを持ち合わせていたのかもしれないし、はたまたミズミンのように底抜けにバカだったかもしれない。

しかし、舞台・ステージに立つ工藤遥
誰よりも楽しそうで、観客より楽しそうで
彼女にはここしかない。とこちらにも思わせてくれた。

亜希子は最後全てにさよならをする。
こちらを振り向かないオルフェウスにも…
全てに感謝し、そして全てを捨てステージに立つことを選んだ。

工藤遥も退路をたった。
生きづらい世界に飛び込んでいった彼女は
振り向かないオルフェウスのような気もするし
それでいて振り向いて、それでも前へ進むそれのような気もする。

役者として

演技をする上で、自分に近い役をやることと遠い役をやることどちらが評価されるのだろう?

叶多
フジコ
ダヴィンチ
ドリュー
リオン
ファルス
アサダ
タダ/フロル
サリオキス/スネフェル

そして

初美花

工藤遥の本質に一番近いもの……?
彼女は彼女らしくない役柄ばかり演じてきたのかも。

工藤遥らしさ
・底抜けに明るい
・誰かのことを思い誰かのために生きれる人
・決して諦めない人
・バランサー
・大きな拘りはあるがその中で柔軟性を見つけられる


工藤遥を知るたびに
工藤遥の演技を見るたびに
鬱々とした加藤シゲアキ作品の中に入ってほしいと思うし、優しくも狡いそれでいて狂気を持ち合わせた亜希子をやってほしいと願う。

Netflixオリジナルドラマ『火花』を見ました。


夢と自己犠牲は表裏一体なのかもしれない。

昔から羽生善治の夢は追いかけ出したら目標になる。という言葉が好きだった。


2 将来実現させたいと思っている事柄。「政治家になるのが夢だ」「少年のころの夢がかなう」
3 現実からはなれた空想や楽しい考え。「成功すれば億万長者も夢ではない」「夢多い少女」

目標
身体的運動,心的活動など生体の行う行動が目指している最終的な結果。このような行動が引起されるためには生体が特定の動機,動因の状態にあることを必要とするが,必ずしもその最終結果についての観念をもっていたり,意識していたりする必要はない。

徳永が見続けたのは目標で、神谷が見続けたのは夢ではないか。と思う。

徳永はなんとなく計算して漫才するような人なのではないか。と感じた。3分間に何回ボケを入れて、それに対して何回つっこませてという商業的漫才ができる人。
そして、自分が売れたくて、テレビに出たくて、それで飯を食いたくてそういう意味で漫才をしている人。

逆に神谷はおもろいことしてたらええやん。ほんならいつか誰かが俺らのこと見つけてくれるって…というタイプ

だからこそ惹かれあった。

徳永と神谷がしょーもないなんの変哲もない毎日を過ぎていく中で思考が一体化していくのが面白かった。


徳永は理性さを持ちながら、それでも譲れない自分の笑いを持ち出し
逆に神谷はどうしても売れたくなる。
ほんまのボケは舞台に立たずに普通に生きてるほんまにおもろいやつで、ほんまのツッコミは1人で舞台に立ちながらそいつをつっこんでるやつと言っていた神谷が
どうしても売れたくて銀髪にする。豊胸をする。

ただ、相方なのかな。

スパークスの山下は徳永にズケズケとものを言い
ネタを1つも考えてないくせにネタをこき下ろし、そのボケをするなと宣い
徳永の芸人人生を終わらせた。

あほんだらの大林はどうなんだろう?
あのどーしよーもないあほんだらを制御してたのだろうか。
売れたい大林と
おもろいことやりたい神谷
どうしてもこの2人のコンビ間がよくわからなかった。



火花は愛の物語だと思う。



又吉直樹から笑いへ
徳永から神谷へ
徳永からスパークス
徳永から山下へ

壮大なラブレターだ

何にも変えられない愛とだからこそ生まれる羨望の物語だ。


1789-バスティーユの恋人たち-


私史上世界で一番かっこいい男は小池徹平演じるロナン・マズリエなんですけど、女はソニンのソレーヌ・マズリエね。
カーテンコールで安心したみたいにふにゃりと笑った瞬間
もう吹っ飛んだ。
お前がNo.1だ

ネタバレです。


初演ぶりの1789
しかも初演は途中からしか見られてないからちゃんと最初から見られる1789は初観劇でした。
やっぱりこの物語好きだなぁってなった。
フレンチロックミュージカルということで
音楽もTHE・ミュージカルというよりちょっとポップスに寄ってるし
なによりてっぺーくんと1789楽曲の親和性が半端ない。

エンターテイメントガン振りだから
史実とかクソ喰らえ!みたいなそんなでも、そんな世界線もあったんじゃないの?と思われるストーリー。

私はロナンプカップルも可愛くて優しくて強くて好きだけど
やっぱりマズリエ兄妹が本当に好き。

マズリエ兄妹はずっと強くて血の気が多くて愛に溢れてるだからこそ父を失い、ソレーヌは兄さえ失う。それでも涙を流しながら前を向くソレーヌの顔がすごくすごく、あぁロナンだぁ…ロナンの妹だぁって思った。

本当に最後の悲しみの報いのときのソレーヌの顔がかっこよくて憂いに満ちていてソニン天才!ってなるのでぜひ見ていただきたい。


初演と比べて私が感じたのが
描写の丁寧さ。

初演のロナンとオランプは運命のように惹かれあって、運命のように恋をする。ロナンも運命の導きのまま革命に身を投じる。みたいなイメージがあったんだけど(オランプは初演:神田沙也加 今回:夢咲ねねでしか見てないから比較できない。)

今回はロナンはオランプの強さと行動力に惚れて、オランプはロナンに俺と同じ不器用だからと言われて恋に落ちてしまうみたいな、ロナンもみんなのためにというより自分のために自分の自由のために革命へと向かっていくっていうのが丁寧な気がした。



あとアントワネット!
ほんっとこのアントワネットの最後のシーンがとっても好きで。
アントワネットの虚無感を表したとてもステキな場面。
史実のアントワネットはマリア・テレジアの元に亡命しようとしたんだけど1789のアントワネットはそこに残りただ罰を待つ。
それこそここにいるのが運命なのだからというように。

そこでシャーンという音ともにギロチンが落ちるのが
アントワネット、もう苦しまなくていい
寂しい思いも悲しい思いもそれから争うように暴れなくてもいい
ただただ静かに死ねた。その最後。美しく思う。
1789のアントワネットはどこまでいっても美しい王妃だった。



やはりマズリエ兄妹大好きで
この高らかに言ったあとに
涙が引きただただ歌うソレーヌと仲間たち
それを見守るロナンの構図が
大団円感があって終わり良ければすべて良しというか
いや、全ていいんだけど
スッキリして帰れる
そこが1789の一番の魅力
ただの青春群像劇に最後は持って行ってくれて
静かにフランスから日本へ戻してくれる優しさ。
それが1789カンパニーにはあるんだよね。



ただいまJAPAN


今日もあなたたちが願った自由のもと
私は生きています

見目麗しい青年が……

林遣都を初めて見た時なんて綺麗でそれで爽やかで美しい男の子なのだろう。と思った。次に見た時は髭にショックを受けながら…あんなベビーフェイスしながら髭が似合うことに驚いた。レジデントのときだ。
そこからなんどか関西弁の役をみることになり、滋賀の子というイメージがついた。アオゾラカットや火花でだ。
べっぴんさんでの登場シーンでは思いがけない出演に口角が上がってしまった。それほど、、カッコよかった。



思えば人より少し林遣都くんに注目して生きてきたかもしれない。というか遭遇する機会が多かったのかも…
ゲストで出演したときのあさイチのプレミアムトークもA- studioも見ていた。ーこの手の番組が好きなのだ。


ある日、
ツイッターおっさんずラブの動画が流れてきたとき
吉田鋼太郎林遣都wwwwなにしてんのwwww」
って感じだった。2話のケンカシーンだ。
そしてその後に流れてきた動画でわたしは視聴を決めた。
1話の風呂場でのキスシーン。

単純に林遣都が綺麗だと思った。

それでいてどんどん牧くんに感情移入していく。
牧くんがんばれ!牧くん幸せになって!
なぜか、あの頃のようにスポ根ばりの応援を林遣都に向けていた。

『人誑し』が好きだ。
人誑しの周りには人を愛する人が集まる。その中で一番誰よりも人を愛してるのは人誑し自身だと思う。
人誑しと言われる林遣都のことをよくは知らないが
なぜか庇護欲が湧く。

キュゥっとするのだ胸が。
そして我々の姫よ永遠にーなんてモノローグを言いたくなる。

少女漫画の主人公のようで
それでいて人間臭さを持っていて
銀幕のスターのような影を持ち

なによりキラキラと笑う目が可愛らしい。


あぁ…そこにいたのね…あの日の見目麗しい青年よ。。。
いつのまにそんな深みを増していたの?
無垢だと思っていた青年が大人になった。
大人はあの時と同じ目で人より多くを語る。





____________いなくなった。林遣都が__

確かな意思と柔軟さ〜工藤遥ちゃんのインタビューを読みました〜


やっとあったんだけど!
どこもかしこも売り切れ、在庫なし…。
やっとあった店でも残り一冊で滑り込みセーフだったわ〜。

UTB:h (ヒロイン) vol.3 2018 SPRING (アップトゥボーイ 2018年 6月号 増刊)


こう…目をそらしてしまうほどに眩しかった。
私の推しの工藤遥ちゃん含め、特集組まれてる子もそうでない子もみんなさわやかでまぶしくて10年後、本当に楽しみだなぁと思わせてくれた。

さて、私は工藤遥ちゃんのインタビュー記事が大好きで
あの子の紡ぐメッセージにいつも心が温かくなります。


ネタバレ注意

やはりモーニング娘。時代から見てきたオタクとしては彼女が今語る元・モーニング娘。としてのあり方というのはとても気になるところです。
そして、今彼女の価値っていうのの大部分は正直元・モーニング娘。にあると思うから、インタビュアーさんが求めるのもそういう部分だと思う。そんな中でモーニング娘。への言及は
『パトレンジャーに負けないところは?』
と同じくらい、いやそれ以上聞かれ続けてるところだと思います。

ハルちゃんはずっと変わらずいいます。これは卒業前からもそう。
✔️元・モーニング娘。ってことに頼りたくない
✔️モーニング娘。の役に立ちたい
そして今回
✔️モーニング娘。の看板を傷つけたくない
と言ってくれました。

モーニング娘。の入り口になりたいと言っていた子が
外に出たって同じようなことを思ってくれること。
そして、今、それが現実になっている場面を見ます。
嬉しくて嬉しくてたまらないんです。

きっと彼女は
『ハルのファンの人はハルがいっぱいテレビ出ると嬉しいはず!』
なんて思ってくれてるのかな?とおもっています。
事実私も、工藤遥が手の届かないくらい遠くに行って欲しいと思っています。
その覚悟も勇気も意思もある人だと信じてるから。

でも、彼女は頑固な人ではないです。
柔軟さを持ち合わせています。
今回のインタビューで、自分と初美花は真反対だから、自分が思う演技プランと全部別のことをやれば案外うまくいく。のようなことを言っています。
また6人ともみんなライバルだけどやっぱりレッドが一番かっこいい!と思われないといけない。とも。
こういう柔軟さが好きなんです。

時に自分を殺してまでも
自分の意思ややりたいことを全て捨ててまでも
それでも、いいものを作る。
その柔軟さが好きなんです。

大きな意思はあるけれど、小さなこだわりはない人だと思っていました。

ハルちゃんはショートにこだわりを持っていたけれど
前髪の長さや、ショートの長さへのこだわりは無くて
シルエットとしてショートと見られればいい。みたいな。

ざっくりとしたこだわりの中で自由に動ける人でした。

ハスキーであることにこだわりはあるけれど
聞こえにくかったり、少し低すぎるからいつもキーを高めにして喋ってる。と言っていたり

妥協点を自然に探せる人だと思います。
まぁときどきなんだか変なこだわりはあるけど(ミルクティーとか)

そういう柔軟さがあるからこそ
みんなに愛されるし、愛せるし
そういうところすっごく女優さんに向いてると思うんです。





工藤遥ちゃんの美しい未来へ。

アイドル・工藤遥の終わりの始まり。

アイドルは特殊な職業だと思う。
アイドルの何にでもなれるところが好きだ。

タレントでも
俳優でも
ダンサーでも
歌手でもない。
だから、その全てになれるアイドルが好きだ。


アイドルは愛し愛される職業だと知ったのは
工藤遥ちゃんを応援してから。

私史上最強のアイドルへ

工藤遥ちゃんはいつだか、自分の職業を天職だと言った。
それは、彼女がまだアイドルだった頃。
そして卒業発表後だったと記憶している。

私も思う。今でも。
ハルちゃんの天職は『アイドル』だと。

愛される人。
そして
愛する人
彼女の周りにはいつだって愛で溢れている。
そしてその愛をパワーにできる人だった。

レコーディングで上手く歌えないハルちゃんが愛おしかった。きっと、それで譜割りがもらえないなんて悔しい思いも沢山したと思う。
でも、CD音源より、スタジオ収録より、生放送のTVやコンサートでのパフォーマンスで本来の力を発揮する工藤遥ちゃんが愛しくて嬉しかった。
私たちの声援や目が彼女の本来のパワー、いやそれ以上を引き出している気がした。
ステージに立ってるハルちゃんは誰よりも楽しそうで
それこそ全身の穴という穴が開ききって(メンバー談)汗だくで、そんなパフォーマンスが好きだった。
愛されれば愛されるほど努力してくれた。
愛されてるってわかればそのクリクリとした目を大きく開いてありがとー!ハルは幸せです。と溶けた顔をして笑う姿が好きだった。

そんな姿を見るたびに、この子はここに立つために生まれてきたんだと実感させられた。

愛の返答とはこういうことなんだと思った。


そんな工藤遥ちゃんが
自分の天職がアイドルだと言った工藤遥ちゃんが
それを捨ててまで飛び込んだ世界。
演技の道、女優業。


今までよりも楽しくやってるハルちゃんを見て
あれ?ここも天職なんじゃない?なんて軽率に思ってしまう。
工藤遥の18歳の転職を見て知ったことがある。
工藤遥ちゃんは、自分のいる場所が世界で一番幸せだと思える人だと。
そして、また愛されまくってるハルちゃんを見てどこまでも愛し、愛される人だと思った。

新たな世界に進んでも、ファンと会うときに
デート前の女の子みたいなブログを書き
とびっきり可愛らしい格好をしてきてくれるハルちゃんの
愛されたがりや、そして愛される努力を惜しまないところを見て
変わらないところが好きになる。



アイドルは愛される職業だ。


今までは、ファンに愛されてメンバーに愛されて、スタッフさんに愛されてきた。
今は、ファンに愛されて、仲間に愛されて、スタッフさんに愛されて、そして、視聴者さんに愛されてる。新たなファンの人に愛されてる。


人生まだまだ。
ここからが工藤遥、アイドルの始まり。

My profile


前略プロフィールが突然の終了をしていて
少なからずショックを受けました。。。
黒歴史が残ってる方たちは歓喜だったろうけど…私は随分前に前略消してたし、なんか使ってなかったけど
あの感じ好きだったなぁ…と思って。


あ、前略知らない人はググってね。


懐かしさに心を奪われ、軽率にMy profileなるものを書いて見たいと思います。
前略なんて使ってたの随分前のことなのでフォーマットの記憶が曖昧なので、その辺はご了承ください。

HN

みぃ。、色っぽいビスケット🍪、本気で挑む女の子💋

HNの由来

みぃ。→2文字と「。」がつけたくて作った。
色っぽいビスケット→
このパフォーマンスが好きで
本気で挑む女の子→色っぽいビスケットの由来というか、なぜビスケットなのかっていうのが明らかになったと聞きTwitterで検索したら自分のツイートばっかり出てきて嫌になり、名前を変えようと思った。そこでハルちゃんのセンター曲セクシーキャットの演説から何かを取ろうと思ったけれど、また検索ワードに引っかかるやん!?ってことになり、本気で挑まぬ女の子=人間側なら猫側は本気で挑む女の子なのでは?と解釈してこれに。
他の候補には自分の夢の責任者もありました。

Twitterの垢名、bioの由来

もともと好きなものを好きなだけ語る。ということで作ったので
J'adore(大好き)という意味に。
bioはアメリのキャッチコピー

性別

(生物学上的に)女

これが言いたかった←

年齢

一応20代
(これも言いたかった)

出身

関西圏

推し

《ジャニーズ》
手越祐也上田竜也

ハロプロ
工藤遥→卒業

《俳優》
小池徹平沢尻エリカ工藤遥

趣味

舞台鑑賞、コスメ集め

好きな舞台

キンキーブーツ

好きなコスメブランド

一番多いのはDior

休みの日は何してる?

フランス語教室か、映画鑑賞

これだけは外せないRoutineは?

毎朝コーヒーを飲む
毎晩の手帳作り

よく聴く音楽は?

椎名林檎宇多田ヒカル

よく聴くハロプロ曲は?

最近はもっぱら『恋は時に』

一番好きなハロプロ曲は?

ここにいるぜぇ!

工藤遥ちゃんの役柄で何が一番好き?

リオン(ごがくゆう)

工藤遥ちゃんを好きになったきっかけは?

Mステ見てたら黒髪ショートの可愛い子が現れた。

上田竜也くんを好きになったきっかけは?

心臓破りの坂を駆け上がってきた時

手越祐也くんを好きになったきっかけは?

ソロを聴いた時

沢尻エリカさんを好きになったきっかけは?

Aスタジオでゲラゲラ笑ってるの見た時