読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

美しいものだけを見ていたい。

ヲタク只今充電中!

過去、現在、未来。〜私のジャニヲタ遍歴〜


ジャニヲタになったのは、ごく最近のことです。ずっとずっと茶の間でした。好きだったけどコンサートには行かなかった。好きだったけど自分でCDは買わなかった(姉が買ってました)


そんな私の過去、現在、未来の話。


過去(ジャニヲタになるまで〜)


はじめて、ジャニタレを好きになったのは
山下智久でした。姉の影響で、そのかっこいい容姿に惹かれました。といっても、ファンじゃなかった。NEWSのメンバーなんて知らなかったし、曲とドラマとときどきコンサートDVDという状況でした。
姉が見ているものを一緒に見たい。話に入りたい。そんな気持ちが強かった気がします。


そんな私がある人を見つけました。


Never Ending Wonderful Story
そう復活コンで私は、当時NEWSのメンバーで唯一知らなかった手越祐也を見つけます。

stars
衝撃が走りました。テレビの向こうで歌う声は、綺麗で綺麗でたまらなかった。


(当時の記憶が曖昧で時間軸にズレがあります。

マイボスのときは手越目当てでみてた…あれ?)


私は聞きます。この人だれ?


姉は言いました。手越だと。



そこから私の手越祐也ファンの歴史が始まります。


山下智久茶の間から手越祐也茶の間へと
茶の間変えした私が、手越とはじめてあったのは


テゴマス2cd tour テゴマスのあい♥︎でした。


綺麗な声を生で聞いた。美しく輝くアイドルを見た。ここからが私のジャニヲタの本格的幕開けです。


現在(ジャニヲタとして)

四季コンからはNEWSのコンサートは毎回行っています。握手もしました。東京ドームもいきました。
テゴマスコンも行っています。
ドラマも録画するし、仕事が増えていくのは嬉しい。


4人になったり色々あったけれどNEWSが好きなんだ!手越祐也が好きなんだ!と思ってました。


しかし、それは突然やってきました。


センターにいる手越祐也が突然嫌になりました。手越祐也をいつのまにかかっこいいと思えなくなりました。


そんなときにみつけたのがKAT-TUN上田竜也です。元々しってて甘栗がすきで、ランナウェイのくうやがすきで、でもそれは役とかKAT-TUNの中でとかそんなだけだったのに…
マラソンを走る上田竜也が特別になってました。

未来(KAT-TUN担として、NEWS担として、そしてジャニヲタとして)


KAT-TUN担として動き出した私は、NEWSから逃げていました。手越祐也から逃げていました。本心で無い言葉を口にして、NEWSを手越祐也を嫌いと勘違いさせることで、KAT-TUN担としての自分を確立していったように思います。


でも、それじゃダメだと思いました。
私はNEWS担としての『過去』を、『現在』を無くすことはできない。私がNEWS担でありつづけるのは、そこにNEWSが好きだという感情があるからで、その限り私はNEWS担としての『未来』を生きよう。



どちらかを選ぶのはやめようと思いました。



担当は上田竜也ただ1人です。
しかし、私の青春であり、心の拠り所である安定枠は
手越祐也ただ1人です。


これから、どうなるかわからない。
永遠も一生も誓いもできない。


中丸さんの
『ファンの方は、そのとき本気で永遠に好きだと思ってる』


という言葉をわすれません。



私は過去、NEWSを手越祐也を本気で永遠に応援すると思ってた。


現在、KAT-TUN上田竜也を本気で永遠に応援したい。


未来、わからない。ジャニヲタじゃないかもしれない。


どうなるかわからない。
けれどジャニヲタとして、今は生きていきたいと思ってます。


儚くも美しいジャニーズアイドルを今はずっと見続けたいと思ってます。






2014.07.10 ぽむ。