美しいものだけを見ていたい。

ヲタク只今充電中!

上田竜也誕生日企画!31の挑戦!第二十弾!〜俳優上田竜也〜


もっと演技をしたい



上田竜也はそう言いました。そんな彼のお話。



ランナウェイで連ドラ初メインキャストに選ばれ、ロードムービーということで演技派の俳優さんに触れて、その演技が評価されたことで演技仕事が多くなった上田くん。



ボーイズオンザランでは、暗い過去をもったボクサー役

そして、それと並行して撮っていた話題作永遠の0では、唯一主人公に考えを変えられる事なく、その時代の常識のまま死んでいった青年


年始には

冬眠する熊に添い寝してごらんで、運命に翻弄されながら狂気の中生きるエリートサラリーマンを、蜷川幸雄演出のもと演じきりました。


冬眠する…に出演する前にもっと演技したいと言った上田くん。狂気を出すために暗闇でチョコレートを食べ続けた上田くん。


そんな俳優としての上田竜也について



俳優『上田竜也

チョコレートの話を聞いた時、GACKTに傾倒していた上田くんが、蝋燭の中で生活しているという話をしていたことを思い出しました。

上田くんは、憑依型の演者だと思います。彼は、何かに憑依するのが気持ちいいんだと思います。『騙す』彼の根底にあるもの。それを思う存分できるのが、役者という仕事で、色々なキャラクターを知ることができるのが役者という仕事なんだと思います。

そして、ソロ曲でそれを昇華させるのです。多分ラブストーリー演じさせたら本気で好きになっちゃうタイプなんだろうな。


悪く言えば、自分がない。染められやすい。でも、それってしっかりと自分がなければ出来ないことだと思います。そうでないとボロボロになってしまう。

彼は、誰かを何かを演じ続けることで、自分を持ち続けているのではないかと思います。


ロミオとジュリエットの、女好きだけれどまっすぐで勇敢にジュリエットを愛したロミオも

婚カツの、やさしくて、しっかり者で、お兄さんが大好きで、みんなに愛されるヤスくんも

ランナウェイの、バカでおちゃらけだけれどまっすぐで優しくて、お母さん思いの空哉も

ボーイズオンザランの、喧嘩っぱやくて、暗い過去を持っている安藤龍

永遠の0の、ギラギラした目で、あの時代の常識のまま、戦争に命をかけた小山も

冬眠する熊に添い寝してごらんの、兄を愛し、兄を憎み、自分を憎み、運命に翻弄されながら生きるしかなかった多根彦も



全部全部上田竜也くんの中に積み重なって行っているんだと思います。上田竜也を構成する要素は誰かを演じるたびに増えていくんだと思います。



岡田君が上田くんに言った


自分がこんな風に演技したいと思うようになったらいけないよ


という言葉は上田くんにとって一番大切なのではと思います。


上田くんには、誰かになり続けて欲しいと思います。化け続けてほしいと……