読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

美しいものだけを見ていたい。

アイドルとジャニーズとWaT

KAT-TUNworldTour 『NO MORE PAIN』をみた。

KAT-TUN



KAT-TUNは強いなぁ…


率直な感想だった。




序盤
N.M.Pや、FALL DOWNでKAT-TUNの世界へ誘ったと思えば
D-motionや、love you self〜君が嫌いな君が好き〜で自由に騒げという。

そして、最後は
promise song、SMILEで、ファンが現実世界へ戻っていくのをそっと後押しするのだ。



彼らはまた言う。ここに戻ってくるからと、ここに戻ってきてねと。


『ハルカナ約束』


最後の最後まで叙情的で、ハルカナ約束のときの地方公演を合わせたダイジェスト映像をみていると…自分までこのツアーを共に回っていた気分になるのだ。あぁ、終わりたくないなぁ。。。とっくの昔に終わってしまっているコンサートツアーに、そんな感情を抱いてしまう。



とても不思議な世界。



KAT-TUNのコンサートは
一瞬を
一曲を
一部分を
一公演を
そして、ツアーの全体を切り取っても
同じくらい感動する物語に仕上がっている。


だから、たくさんの人が魅了されるのだと今更気付いた。


それを作り上げてしまうKAT-TUNは、いつだってKAT-TUNで。KAT-TUNらしさをずっと演じている。そんな姿をみていると


あぁ強いなぁと思う。


Disc3では、
やはり上田竜也さんを応援してる立場として、台湾公演はどのように収録されているのだろうとハラハラしていた。


KAT-TUNは、1人いない姿を映していた。次の日の公演でGoing!を歌う上田くんに歓声が送られる。上田くんにとって悔しかったであろう出来事を、美しいと思ってしまった。。。
綺麗事を並べれば、いくらでも言葉は出てくるだろう。それで、ファンを感動させることだってできるだろう。しかし、KAT-TUNはそんなことをしない。

気持ちを、ファンを安心させようとする方法を、KAT-TUNは行動で示すのだ。その姿を美しいと思った。



包帯を撮らないでくれと言った上田くんをも美しいと思ってしまったわたしは、やはりもうKAT-TUNにトリコなのだろう。




f:id:ange1004:20141011183850j:plain



(京セラが楽しみで仕方ないです)