読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

美しいものだけを見ていたい。

アイドルとジャニーズとWaT

summaryで輝いていた少年たちは今、美しすぎる青年になった。

KAT-TUN NEWS


サマリーで泣いたのは
はじめてだったという話をしました。

2015年、一発目の少クラプレミアム。
正直summaryは歌って欲しくなかったんです。あの頃、NEWSもKATーTUNもギラギラしてて若くてかっこよくて・・・
今更もう一度サマリーをしても
落ち目を目立たさせるだけなんじゃないか?人が足りないことにまた嘆くのか?
そんな思いでいっぱいだったのです。


summary 2015 セットリスト

  • OPダンス
  • weeeek( 中丸 × 増田
  • EXPOSE( 上田× 加藤
  • チャンカパーナ田口× 小山
  • Love your self 〜君が嫌いな君が好き〜( 亀梨 × 手越
  • NEWSニッポン( KATーTUN
  • Real face ( NEWS
  • summary( NEWS × KATーTUN


OPダンスで
対象的な曲調で踊った彼らは、あの頃となにもカラーが変わってなかった。
ギラギラしてるKATーTUNとキラキラしてるNEWS
引きの絵のときに
顔が明るい照明で綺麗に見えるNEWSと
暗めの照明でシルエットが綺麗に見えるKATーTUN。


OPから
KATーTUNとは、NEWSとは、こういうものだ!というのがしっかり提示されていた。


そして


額縁のなかで踊っていた彼らが外に出てくる。映画・ナイトミュージアムのような、物語のはじまり。


親友コンビ中丸雄一と増田貴久によるweeeekでは、二人の仲良さが伺える。なにより、KATーTUNのとび職(HBBや煽り担当)とNEWSのラップ系担当がNEWS一番のラップ曲を歌う姿は、この一夜限りのお祭りのはじまりにとても似合っていた。


隆平会の上田竜也加藤シゲアキによるEXPOSE。オラオラの上田竜也による巻き舌からはじまり、終始ガンを飛ばすお二人。ただオラオラ経験値の差・・・。シゲ・・・
でも!この曲。シゲのしゃがれ声にあってるような気がする。うん。


元シンメコン小山慶一郎田口淳之介によるチャンカパーナ。これはすごい可愛らしかった。チャンカパーナのキャッチーな歌詞に田口くんがよくにあってる!というか、田口くんはKATーTUNのときにはオラオラできるのに、ここまでチャンカパーナに合わせるのすごいなぁ。二人でのチャンカパーナも可愛かったです。


そして最後は

KATーTUNのエース亀梨和也とNEWSのエース手越祐也によるLove your self〜君が嫌いな君が好き〜
ヤマナデ、ドリボで共演した2人。最後の曲で二人が前に出てきて、目を見合わせるわけでもなく歌い出す。私はこのとき初めて思ったのだ。

手越祐也はNEWSのセンターなんだ

二人のパフォーマンスには、なぜか説得力があった。力強さがあった。あ、私はこの二人がひっぱっていくグループが好きなんだと思った。


いなくなったエースに嘆くばかりの日々だった私を、納得させてくれた。馬鹿みたいにしがみついた日々を否定するわけでもなく、愛しかった日々をそっと宝箱に詰めるように・・・


私はNEWSの手越祐也が真ん中にいるという真実を受け入れられたのだと思う。



ごめんなさい。NEWSのこと、手越祐也のこととなると途端に重くなりますね。
まだまだ重いお話続きます。