読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

美しいものだけを見ていたい。

ヲタク只今充電中!

かつてsummaryで輝いていた少年たちは、大人になった

summaryで輝いていた少年たちは今、美しすぎる青年になった。 - Ailed'ange
http://ange1004.hatenablog.com/entry/2015/01/24/204831

の続きです。


あの時、NEWSの曲も少なくて
KATーTUNは楽曲化されてるものはひとつもなかった。

そんな彼らも20作品近くのCDを出してきました。その間形は変わったかもしれない。でも、彼らはその約10年を当事者としてときには立ち止まりながらも・・・走ってきたのだと思います。


そんな彼らのデビュー曲をお互いが歌いました。


違和感しかなかった


これは凄くいいことなんだなと思いました。デビュー曲ってそのグループのイメージに直結すると思うんです。NEWSもKATーTUNもイメージと真反対の曲もシングルとして出しているのに、それが崩れることがない。

そして2つのグループのイメージは真反対に近い。


つまり、違和感しかないのが当たり前で、それこそグループのイメージを知り、守れているってことだと思うんです。


KATーTUNはやっぱりKATーTUNで
NEWSはやっぱりNEWSだなと思えました。



そして最後の曲です。


summary2015の最後の曲であり、メインの曲。

振り向かずに行こう 遥かなあの未来へ
大きな夢運ぶ 僕らは時の旅人

繋がってくHistory 受け継がれた情熱
この胸の誇りは 決して離しはしない

Rise 太陽は昇り Shine 鮮やかに燃える
全ての生命が 今輝く
Brake out Brake out 時代を切り開くNewStory
Go ahead Go ahead 迷う暇はなぃ
Don't be afraid Dream On


改めて聞くと、儚いなぁ。








減ったものは多かったけれど
増えたものも確かに多かった。
やはり居ない人、少ない声に涙はしたけれど
涙の本当の意味はそこにはない。


ここにKATーTUNとNEWSがいるのは奇跡に近いんじゃないか。確実に進んでいるかっこよさ。美しさ。強さ。


あぁ、私は今の彼らと進まなくては行けないんだろうな。と思いました。


まだ無理なんですよね。それでも。
NEWSに関しては


それでも進んでいこうと思います。
過去を振り返ることはいっぱいあるかもしれません。それでも未来は止まってくれないから。



summaryは私に少しだけ勇気をくれました。



おわり