読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

美しいものだけを見ていたい。

アイドルとジャニーズとWaT

欲望に身をまかせて、自分の理想のヲタクを語る。

My Diary

いぇぇぇぇぇぇぇい!


WaTさん!なんなんですか?二人でって!ねぇ!
上田くん君は素敵だよ!ツンデレ素敵!


手越祐也

お元気になさっていますか?



ということで、ミーハーはミーハーなりにヲタクやってます☆最近ジャニヲタは自分語りが好きだ云々言われてますね。(突然)なら語りましょう。私の理想。私の憧れ。できればこんなヲタ活を送りたかった。


欲望に身をまかせて



2000年代*1は私の憧れでした。憧れといっても、ヲタクやってたけど。それでもあの頃のことをもっと知って、当事者としていたかったと後悔したことがあります。あの日々はそれほど美しく素敵でした。できれば、大切な思い出がいっぱい詰まったあの頃に今の年で戻りたい。そうすることができればどんなに幸せにヲタクができたのでしょう。


そんな懐古厨がおくる私の理想のヲタク像。



妄想注意

2000年

慎吾ママモーニング娘。が爆発的ヒットを飛ばします。このとき私は、まだまだ小さくて記憶に何も残っていません。ここからは私がこの時代中学一年だったとして、話を進めます。


ドラマ好きだった私は、IWGP*2も、もちろん見ていました。毒気の強く、若者の叫びが色濃く映し出されているそのドラマが私はとても好きでした。そして私はある美しい少年に夢中になるのです。飄々としていて、危うくて、儚い。そして何よりも美しい少年。


f:id:ange1004:20150206191439j:plain


山下智久です。私は衝撃を受けました。この世にこんなにも美しい人がいるのかと。彼がジャニーズJr.だと知ったのは、それから少しあとです。クラスの女の子たちが恋愛レボリューション21を歌い踊る中、私は1人ジャニーズという沼に入っていったのです。

                  • -

やっぱりはじまりは山下様でないと!

                  • -

2001年

山下さんがカバチタレに出てる頃、私は中学二年生。私はもうとっくに彼の虜になっていました。少クラや、そのほかの番組に出演するのを見るのが日課。そんな中、私はその頃Jr.を引っ張っていっていたタキツバや、結成当初のKAT-TUN。もちろんPちゃんとシンメの斗真のことも大好きになっていました。


地方のためいつか少クラへ観覧に行きたいなと思いながら、テレビにがっつく日々。お小遣いを貯めて、ジャニショに行くけれど、買いすぎちゃってまた少クラが遠ざかった・・・・・と落胆する。そんな毎日を送ります。そのため徹平ちゃんJUNONボーイになったとは知らない。

                  • -

始まりましたジャニヲタ人生

                  • -

2002年

からはまた今度あげます〜♡
徐々にあげていきます。