読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

美しいものだけを見ていたい。

ヲタク只今充電中!

私が手越祐也担当を降りた本当の理由。

手越から降りた本当の理由はただ一ついい生活をしてほしいと思わなくなった


ときどき、『担降りしたいなら今まで担当に使ったお金を計算すればいい』と言いますが、私はその理論では担降りできないと思います。なぜなら私は大好きなことに使うお金に対して、もったいないと思ったことがないからです。例えばジャニショの写真を後から見返して、あー、一枚減らせばよかったとか、これ同じ構図じゃんと思ったことはないし、今まで手越祐也に使ったお金を担降りしたいま計算してももったいないとは思わないでしょう。

私はコンサート代をはじめとするヲタ活経費全てを『夢代』と言います。たったひと時、彼らが見せてくれる夢にはそれ相応のお代を支払わなければならない。そして彼らが見せてくれる夢のために、彼らにはリッチになってほしい。そのためには、わたし達は『夢代』を支払わなければならない。


だって私の世界の中心はいつだって自担なのだから


というイタイ考えのもと私はヲタ活をしてきたわけです。ずっと手越担当だったわけなんですが・・・


私の世界の中心は変わりました。



上田竜也


『夢』を売って欲しい
いつの間にか一番にそう思うのは彼でした。


手越祐也を好きになって応援して後悔したことは一度もないし、今でも量は減ったけれども見ます。見るし、聞くし、行きます。


でも世界の中心は上田竜也に変わっていたから



私はその日担降りを決めました。