美しいものだけを見ていたい。

ヲタク只今充電中!

いつか消えてしまうかもしれない。それでも輝き続ける少年たちがいました。かつてジャニーズJrだった人達へ


Twitterでレポが回ってきて驚きを隠せませんでした。間接的にだけれども、私が見てきたJr.の一人がまた居なくなってしまうかもしれない。18歳。高校卒業という一つの区切りに新たなステージにいく少年。彼だけではありません。何人のジャニーズJrが辞めていくのを見たのでしょうか?


ジャニーズに残り、マネージャーになるものもいれば
違う劇団に拾ってもらうものもいる
あるいは、Twitterなんかで素人タレントとして活動してる人もいる。
そして、その中には消息を掴めない人も。


かつて、同じ夢を見た少年たちが消えていく。その過程を見る度にこの世の無情さまでも感じることがあります。


「頑張ってきたじゃない」
「人気あったでしょう」
「どうしてデビューできないの?」


ジャニーズJr.は毎日がオーディションです。たった一日抜けただけで最前列から最後列に下ろされることもある。たった一回の過ちでもう表舞台に出られることが無くなるかもしれない。毎日、緊迫した雰囲気の中でいつかあの人たちみたいにと時には自分よりも随分後輩の後ろで踊り狂う。


最初は違うかったかもしれない。しかしそれはいつの間にか、自分にとって唯一無二の夢となっていた。そしてその夢のゴールは確約されてはいない。

珍しいと思います。ここまで研究生が世間に多く認知されている事務所も、そこではデビューが約束されているわけではないことも。



Top一度はJr.でその地位を築いた人だって、今は小さな劇場で地道に頑張るしかない。ジャニーズとはそんな世界です。


狂ってる。


そう思った事も何度かあります。


だけどその中でキラキラしてる少年たちが好きです。いつの間にか消えてしまう少年たちは儚くてそして愛しい。



少年たちへ
サヨナラ。
どうかあなたの道で輝いていることを願います。