読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

美しいものだけを見ていたい。

ヲタク只今充電中!

手越祐也を天性のアイドルなんて言うな。

手越祐也は天性のアイドルである』
テレビ番組や、一般人の感想でよく見かける言葉。しかし、最近ファンですらそう言うようになった。


きつい言葉だが私はそんなファンに言いたい
手越祐也の何を見てきたのだ』


彼は天性のアイドルではない。嘘で塗り固められた努力のアイドルだ。山下智久のように何をされても許され、何をされても世間の人に愛され守られ続けるアイドルもいる。それは彼が生まれ持った『華』という才能だ。しかし、手越祐也は違う。だから私は手越の努力を『天性』なんて二文字で済まして欲しくはない。




ここで声高らかに宣言しよう


手越祐也とは絶え間ぬ努力を続けるアイドルである』



かつて手越祐也だって天性のアイドルに憧れました。憧れの人は山下智久だったし、山下君はかっこいい。を、口癖のように言っていました。しかし、彼には華がなかった。


カメラが向けられてもおどおどして
上手く笑えなくて
キメ顔もポージングも下手くそ
黒髪同盟なんか結成して
ジャージばかり着てると思ったら
ブランド物ばっか着て亮ちゃんに怒られて


まだアイドルになって一年も満たない手越祐也はそんな人でした。しかし、努力は続けました。歌は人一倍頑張ったし、メンバーに服の買い方も教えてもらった、ファンサも一生懸命で、どんどんどんどんカメラに抜いてもらえるようになりました。


そんな手越祐也の転機は

世界の果てまでイッテQへの出演でしょう。元々悪気のない自己中だった彼のキャラを内村さん、宮川さんはじめたくさんの実力派芸人の方々に開花させてもらいました。そして、自分はこういう路線でいけばいいんだと気付き、Sで上から目線でかっこつけでスポーツ万能でいつもおじさん方をイライラさせるキャラが世間に認められました。イッテQの視聴率向上に伴い、手越祐也の知名度は上がっていきます。


正統派アイドルグループ『NEWS』のバラエティー担当として、活動休止後は憧れだった山下智久の隣に立つようになりました。


手越祐也はのちにこう言いました。
「2人(内博樹、草野博紀)が抜けた時は、正直やったと思った」

負けず嫌いな彼らしいなと思いました。


憧れだった人たちが抜け、センターの位置を確立した手越祐也。ゼウスでもリーサルウェポン的な扱い。登場も一番前でした。四人になってからは、キャラの確立に勤しみ、明るい髪色で自分自身の存在を目立たせるようにしました。カメラ目線も上手くなりました。しかし、正統派ではなく、彼はそれを笑いに昇華させることにしたのです。バラエティー担当の彼らしいです。



そう、全てが努力が実を結んだ結果です。だから私は手越祐也の努力をわかってほしい。せめて、ファンにはわかっていてほしい。


担降りした私がこういうのはなんですが、手越はだいぶ無理をしていると思います。だからファンとメンバーにはわかっていてほしいんです。


手越祐也がよくフライデーされていた時、私は手越祐也ファンをやめました。今までの努力を無駄にしようとしていると感じ、努力しない手越祐也は嫌だと逃げました。


今ファンをしている方は私と違って逃げなかった人たちだから




だから胸を張って言ってほしい


手越祐也は努力のアイドルだ』と。



おわり。