美しいものだけを見ていたい。

ヲタク只今充電中!

あの頃、たくさんの涙と笑いをお茶の間に届けてくれたテレビドラマへ。〜東京バンドワゴンシリーズ『ヒアカムズザサン』読了〜



ドラマで知った東京バンドワゴンシリーズを集め始めて、今回で10作目となりました。ドラマでは主人公だった青ちゃんも30代。すずみさんも4歳児のお母さん。それに!研人が受験生。10年ってこうも環境を変えるのか。と改めて思いました。


一冊に春夏秋冬のお話が一つずつ。そして、過去に出てきた懐かしい面々も顔を揃える東京バンドワゴンシリーズ。勘一さんなど、堀田家の皆さんが

「お久しぶり」

という言葉をかけられるたびに、こちらもお久しぶりという心持ちで読み進めています。東京バンドワゴンシリーズってストーリーテラーのサチさんと同じ目線で途中から見ていられるのが、好きです。男衆に女心がわかってないな〜と悪態ついたり、女性陣にわかるわかる〜と共感したり、本当にテレビドラマを見ている感覚に陥ります。それがすごく心地よくて、堀田家の人生をずっと見ていたいなと思わせます。



さて、今回のヒアカムズザサン。
主軸にあるのは、研人の受験。そして、メリーちゃんとの恋。
別れと出会いがたくさんあった1年でした。何より悲しかったのが、6代目玉三郎とノラの死。祐円さんと春子さんが危ない状態になった時、玉三郎とノラが変わりに悪いもの全部持って天国へ旅立っていきました。天国では、先代の玉三郎とノラ。秋実さん、草平さんに会えてるでしょうか?
そして、東京バンドワゴンシリーズの真骨頂。

『悪人を受け入れる』

ドラマシリーズで夏樹くんのことが描かれた時、賛否両論、物議を醸したこともありました。でも、堀田家に関わる方は、決していい方ばかりではありません。危ない道を通ってきた人、かつて悪いことをしてしまった人。いろんな人がいます。でも、それを見捨てることなく救うのが堀田家なのだと思います。人間なんて完璧じゃない。でも、誰でもやり直せます。万引きした本を綺麗に大切に読んでる男の子。詐欺まがいのことをしてしまった若者。みんなみんな生きるのに大変で、仕方なくやってしまったんです。それでも悪いことをしてしまったと反省し、新しく生まれ変わった夏樹くんの姿が描かれていると、よかったぁと思えます。それでいいんです。万事解決なんですよ。


研人とメリーちゃん。
あの花陽ちゃんが啖呵をきるとは……
昔からしっかりものだったけど、姉として(いとこですが)言いたいことが多かったのでしょうね。いい仲間、いい彼女に支えられて受験を乗り越えた研人の姿、そして医大受験を控える花陽ちゃんの姿は、今の私と被るものがあっていたたまれない気持ちになりました。
研人とメリーちゃん。これからどうなっていくんでしょう。もしかして、結婚…も。そういえば花陽ちゃんにもイギリスにいますよね。。。


さてさて、今年一年堀田家はどんな一年を過ごすのでしょうか。

それは、来年のお楽しみですね!




『返信』
id:kkshare0501さん
コメントありがとうございます!
楽しかったですよね。
今思うとだいぶイタイことをしてました笑
あ!タメで全然いいですよー。私もためになってしまってました。ごめんなさい汗