美しいものだけを見ていたい。

ヲタク只今充電中!

悲痛の叫びを胸に、生きては行けないんだ。

なんか手越の記事ばっか書いてたら病んできたわ。どうしてくれんだ、ほんと。


本音を言うと
まだ好きだし
結局好きです。
私の永遠のアイドルはいつまでたっても
手越祐也ただ一択なのだと思います。
私がおばあちゃんになって、人生を振り返るとき青春時代は何かと言われれば
手越祐也
と答えるでしょう。自信があります。私の全てを捧げました。


10年って長くないですか?
色々あるよ10年って。酸いも甘いも。事実色々あったもん!


だから!だから嫌いにはなれないんだよ!手越のバカ!←
好きなんだよ!

チュムチュムは曲は嫌い、髪型は嫌い、衣装もダンスも嫌い。vineでしか見てないけど、そう言えちゃうのに手越祐也手越祐也の表情で笑うから、手越祐也の顔が、私の大好きな笑顔を見せるから……嫌いだとは言えない。苦しい。辛い。どうしても手放せないんです。


10年の重みよりも、積み重ねてきた義務感よりも、彼への愛が私をまたNEWSに引き戻すんです。会えば変わらないんだもん。違う。変わってしまった手越祐也の変わらない部分を見つけて愛してしまうの。そこを包み込みたくなる。


あの日、逃げるしかなかった。
悲痛を叫び続けるのが辛かった。それを胸に隠し、『嫌いな所』を『好き』になることはできなかった。そのままヲタクを続けるなんて私には不可能だった。変わってしまった彼が苦しくて、変わらないところがあると嬉しくて、でもその量に嘆いて。そんな風にしてきてもう1年以上たって、

『両手広げて叫ぶ』こともできなくなって


また逃げて


でも逃げたその先でも手越の幻影を探しています。



たった一人。私にとっては特別な存在なんです。だけど、手越への『嫌い』が増えてしまって……


何言ってんだろ。



結局は手越への期待は、思いはもうなにもないのに、好きなんです。



だからなんか病んでます。