読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

美しいものだけを見ていたい。

ヲタク只今充電中!

STAND BY ME〜手越祐也の言葉ではもう泣けなくて〜


不思議と涙は出なくて、ただ胸がギュッとなって、抱きしめてあげたいほどに思っていた手越祐也は、もうすっかり強くなったのかなと感じました。
そして、変わっていなくてよかった。そう思えました。


6人時代の時、1番気を遣ってたのは手越だよね。という話をしたことがあります。今でこそあんな風に振舞ってるけど、手越は色んなところにアンテナ張って色んなことを相手のために考えてあげられる人だと思っています。観覧に行った人とかのお話を聞くとね。

だからこそ全てを察知するのが早かったのかなとも感じます。そして、『止めない』という立場をとらざる得なくなった。


『チャンスが増えた』その言葉を聞くのは2回目です。1回目は、ホタルノヒカリのときあたりに載ったact+miniのロングインタビュー。いつだって手越は自分の力で地位を掴んできたから本当に思ったんだろうし、この言葉をわざと 選ぶところがとても手越祐也らしい気がします。メインになることに責任を感じ、全員から任されるプレッシャーもあったでしょう。でも、その全てを手越はチャンスだと思う。だから今があると感じています。

今、センターに立つ手越祐也が、センターに立ちたかったという手越祐也がいたならば私はほんの少し6人でいて欲しかったと思ったりもします。山下智久に勝ってほしかった。手越祐也山下智久に勝つ景色を見てみたかった。それが見られるのは手越祐也のNEWSが山下智久のNEWSに勝つ瞬間なんですけど。

センターとしての責任感を持っていることに驚きました。というかこのページが一番泣いた。そして誇らしかった。あーこの人こんな風になったんだ。って。強くて美しくなったんだな。だってNEWSデビューの時は一番人気がなかった。『なのに』今やセンターに立ってる。わたしの大好きだった手越祐也は今、私の大好きだったNEWSのセンターに立ってるんです。この事実をここまで誇らしく思ったことはないです。


そしてそれと同時に不安にもなりました。
手越がNEWSに降りかかるいろんなもの全部受けたら手越が壊れてしまいそうで怖いです。彼の見てきたセンターはそんな人でした。だから、怖い。後ろを振り返ってほしい。隣を見て欲しい。手越に固執しないであげてほしい。独りにしないであげてほしい。


テゴマスがテゴマスでよかったと感じる時が最近増えました。手越の隣にマッスーがいてよかったと。

四六時中一緒にいたいとは思わないけれど、"早く一緒に仕事がしたい"

テゴマスらしいなと感じました。パートナーとして歩んできた道のり。テゴマスは根本の性格は本当に真反対だけど、同じスタンスを持ってアイドルをしているのだな。と感じます。それは、テゴマスの時ではなくてNEWSのときも。というか、NEWSのときのほうが濃く感じるかな。


男の人だからやっぱり男親の話をすることは少ないですよね。手越なんて昔は本当にしなくて、お父様がどんな方なのか本当にわからなかったんです。まぁ、彼がマザコンでおばあちゃんっ子なところもありますが。初めて父親のことを話す時がこのような形とは……。


ただ泣かないですね。本当に、この人は泣かない!辛いことも苦しいことも全部ため込める人なんだろうな 。


なんだかんだ言って手越祐也という人間が変わっていなくてよかった。語り出すと真面目なとこも、サッカー狂愛のところも、hyde信者のところも観れたし。でも、手越がファンって言葉を口にするたびに胸のどこかが疼きます。そして涙が流せなくなりました。


STAND BY ME
もう一度美しい手越祐也を見られてよかった。



おわり。