読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

美しいものだけを見ていたい。

ヲタク只今充電中!

それは恋ではない。しかし、愛だ。


アイドルに対して、恋しているという言葉は使えない。私はアイドルに『恋』という感情を抱いていないし、そういう対象にも見ていない。

恋は手越祐也の担当を降りるときに捨ててしまった。いやもっと前かもしれない。


アイドルファン=アイドル本気愛だと思われても困る。アイドルファンは多種多様たくさんの目線からアイドルを見ている。そこに共通するのは、彼らを『愛している』という感情だけだ。


愛とは何か。

  1. 親兄弟のいつくしみあう心。ひろく、人間や生物への思いやり[1]。
  2. 男女間の愛情。恋愛[1]。
  3. 大切にすること。かわいがること。めでること[1]。
  4. キリスト教〕 神が、全ての人間をあまねく限りなく いつくしんでいること。アガペー[1]。
  5. 〔仏教〕 渇愛、愛着(あいじゃく)、愛欲。「十二因縁」の説明では第八支に位置づけられ、迷いの根源として否定的に見られる[1]。

Wikipedia


アイドルファンがアイドルに向ける愛はときに、2のようであり、3のようである。私はきっと3の『大切にすること。』という意味合いの愛をアイドルに向けている。

彼らはたくさんの愛を受ける。そしてたくさんの愛をくれる。


しかし、それは恋ではない。


私たちとアイドルの間には大きな大きな壁がある。アイドルファンでない方にしっていてほしいのは、私たちがそれを自覚して彼らを見ていることだ。

多分、アイドルを見ている私たちは欲望しかないのかもしれない。しかし、そこには触れられない。見返りはない。そんな全てを悟りそれでも愛したいと思える心がある。そして、そう思える人がいることを私は誇りに思う。


恋ではない。愛だ。
だからこそ私はすべての愛をアイドルに注げたい。