読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

美しいものだけを見ていたい。

アイドルとジャニーズとWaT

担当をしたいと思える人。


少し前に担降りブログが流行っていた。担当の基準も担降りの基準もまちまちだ。しかし、ジャニヲタの大半は『担当』というコミュニティの中に入るのを好む。私は担当は一種の束縛ではないかとも考えるのだ。多分、担当という言葉がなければジャニヲタはもう少し楽にジャニヲタを続けられるのではないか。そう思うときもある。しかし、私は手越祐也担当から降りても尚、上田竜也担当を名乗り続ける。それを名乗ることによって何かメリットがあるのか。そんなことわからない。ただ私はそれが当たり前のように、胸を張り、上田竜也担当ですというのだ。

手越祐也の担当を降りてから

手越祐也の興味が薄れたわけではない。今でも一番大切なのは手越祐也だし、手越祐也から与えられたたくさんの思い出・友達・幸福感は忘れがたいものだ。だからというわけではないが、手越祐也を今までほど強くはないが見ているし、見ていたいとも感じている。


担当を降りようと思ってからずいぶんかかった。

ような気もするし、担当をしていた期間からするとずいぶん短かったような気もする。ただ徐々に気持ちが薄れていったのは確かだった。

NEWSのコンサートでは手越祐也のうちわは持ちたいし、コンサートも地元公演なら行きたい。グッズも気に入ったのがあればほしい。曲がよければCDを買いたい。

〜なら、〜れば。担当をやめてから、NEWSに対してそう発することが多くなった。ダサい部分も、かっこ悪いところも、なんで自分がこの人を好きなんだろう?と疑問に思ってしまうところも全て愛せていた。それができなくなった。だから、私は担当を降りようと思った。

見たくない部分ができてしまった。ただ、見たい部分もある。だから、見たいものだけ見よう。担当を降りたことで、そう思えるようになった。すると私が感じていた手越祐也担当としての使命感は、するりとなくなった。私は担当を降りる直前よりも今の方が手越祐也を愛せている。ただただ何も考えずNEWSが提供するものへリアクションができている。

私は担当を降りたから、素直に担当を愛することができるようになったのかもしれない。


しかし、私はまた上田竜也担当になった。

今、上田竜也担当なわけ。

担当とは、実体のないものだ。だからときどき得体の知れない大きなものとなる。それは私たちの純粋な『愛』の増幅だ。そしてそれが私たちをときどき蝕む。だから担当制度は怖い。

しかし、担当というコミュニティが大きくなればなるほどコミュニティの力は大きくなり、面白くなる。担当と名乗る人=ファンの数が多くなれば多くなるほど担当の露出は増える。そして、露出が増えるほどまた数は増大する。職業・出身・年がバラバラの人たちが集まってくる。たくさんの意見を持つ人が増える。知らない人と共通の話題で意見交換するのは楽しい。これが私が担当を担当と名乗り続ける一番の理由だろう。

また、中毒性のものなのかもしれないが、私はジャニヲタの根底にある一種の宗教めいた部分が好きだ。そこに溺れている。グループによってファンの特徴というのはわかれるが、ジャニヲタにはみな同じような波長を持っているような気がする。ジャニーズタレント自体がジャニーズファミリーとして活動し、それが半世紀以上続いてきた。その長い歴史の中でジャニーズ事務所と同じようにジャニヲタにも大きな根が築かれてきた。その部分に溺れていたいと思う。


もしかしたら私はずっとこんなヲタクを続けるのかもしれない

おわり。