読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

美しいものだけを見ていたい。

アイドルとジャニーズとWaT

婚活刑事最終回を前に。

婚活刑事の米子と弥生の衣装から考える『女』とは。 - 美しいものだけを見ていたい。
婚活刑事の衣装が私たちに語りかける。 - 美しいものだけを見ていたい。

過去2度衣装の観点からブログを書いていた婚活刑事も今日で最終回。
最初は、小池徹平くんが出ているというだけで見始めたのですが、面白くて知らぬ間にハマってました。

もう米子レーダーで犯人はわかってるのに一筋縄ではいかない展開にハラハラしたり
伊藤歩さん演じる米子のまっすぐで綺麗な心に涙したり
升毅さん演じる宮谷さんが米子に放つセクハラまがいな言動にムカついたり
赤星昇一郎さん演じる親父さんに軽率に惚れたり
もちろん小池徹平さん演じる躑躅くんには軽率に萌えていました。


感情移入しすぎて地平線に向かって
『米子レーダーなんてはつどうするなー!』
と叫びたいくらい。


ハードボイルド・家族愛・ミステリー・恋愛・コメディー
ドラマのジャンルが細分化される中、なんでもこいな婚活刑事がフレンチのフルコースを食べているようなそれでいてふらっと入れる串カツ屋にいるような気持ちにさせてくれるドラマでした。

適当に作ってそうに見えて、上にも書いた通り衣装や様々な小物。脚本。演出。そして演技。
婚活刑事に関わる全ての職人たちの本気が見られたドラマだと思います。


12話。楽しい時間をありがとうございました!