読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

美しいものだけを見ていたい。

ヲタク只今充電中!

やっぱりWaTは白が似合う。


と感じた昨日でした。
ベストヒット歌謡祭
アーティストとしては初の出場。
WaTはデビューしたてのあの頃と同じ白い衣装を身に纏い、照明もセットも着飾らずただマイクとギター1本だけでフェスティバルホールのステージに立ちました。


10年前と変わったのはその月日だけで
月日が変えたスキルがあって
その辺は私にはあまりわからないけれど
あの頃よりもきっと大人で力強い僕のキモチがありました。


30歳と29歳。
20歳と19歳だった頃よりもきっと芸能界の酸いも甘いも見てきたはずです。
でもWaTは白が似合う。
白を着るWaTはあの頃と変わらず爽やかで純粋。


羽が降ってきても演習とはなぜか思えなくて
WaTの前に羽が降るのは当たり前のようなそんな気さえしてしまいました。

…なんか表現が怖いな。



WaTって外向きで今年10年です!とあまり言ってない気がします。10年といっても実質の活動期間は5年くらいなので言いにくいというのがあるのかもしれません。でも、何も言わず歌だけを伝えるWaTを見ていると、そこじゃない気がします。言わない理由。


きっとアニバーサリーに甘えたくないんじゃないかな?と。私の願望も入っているけれど、WaTの再始動は10周年だったからじゃなくて、再始動したかったのがたまたま10周年だったんじゃないかな?と感じるのです。きっとアニバーサリーイヤーに背中を押されたと思います。でもそれだけじゃないような気がするんです。


いや、全部そう思いたいだけかもしれない。


WaTを見ていると未来が見えるから。2人の未来を見てしまうから。



ここで終わらせて欲しくないし。
きっと終わらない……ですよね?