読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

美しいものだけを見ていたい。

アイドルとジャニーズとWaT

WaT解散しました。

お久しぶりです。書きたくて帰ってきました。
いくつかブログあげます(予定は未定)

WaTはすごく優しくて
すごく冷たいデュオでした。
解散も待ち続けるファンにとってすごく優しい決断で
それでも待ち続けたファンにとってすごく冷たい決断です。

そんなWaTが今日ミュージックステーションでラストステージを終えました。テレビでのラストステージは、WaTが青春だった人、私のような少し遠い位置からWaTを応援してた人、WaTファン全員にとっては優しい選択だったけれど
解散ライブを行わないのは、10年以上熱狂的にWaTを追いかけてきた人にとっては冷たい選択だったと思います。


そんなWaTを本当は暖かいWaTのラストステージを見れてよかったなぁ。今改めて思います。この一ヶ月私はWaTが解散しますといった動画もWaTが歌ってる姿も火曜サプライズだって怖くて見れなかった。愛すべきその姿が永遠に見られなくなることを信じられなくて受け入れたくなくて見たとしても徹平くんのちかえもんのCMと瑛ちゃんの視察団のCMくらいでした。


今日だけは見たくて1年だけでもWaTファンとして名乗っていたものとして見なくてはいけない気がしました。


初めて解散の映像を見てストリートからの映像を見て

「もうWaTで歌うことはありません」

と言われそれでも私はWaTの解散を受け入れられませんでした。ただラストステージ。今まで見たWaTで一番綺麗な姿で僕のキモチを歌うWaTを見てあぁ最後なんだなぁと感じました。涙が自然に出てきました。こんなにも美しく愛しく儚いWaTは見たことがなかった。Mステでずっと笑顔でニコニコ話すWaTも、泣いちゃうのは瑛ちゃんなところも、結局瑛ちゃんではなくウエンツと呼んじゃう徹平くんも、泣きながらもしっかり歌うWaTも、そのすべてがWaTらしくてそれでいてWaT至上きっと最高に美しい姿だったでしょう。


そしてはじまりのとき

広告を非表示にする