読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

美しいものだけを見ていたい。

アイドルとジャニーズとWaT

ヲタクの概念を捨てきれなかったやつが今、見ていたい美しいものとは

アイドル 工藤遥


愛したいものはたくさんあった。でも、愛してきた人は誰もが成人もしくはもうすぐ成人を迎える人だった。

19の手越祐也の変化を愛した
29の上田竜也に連れ去ってほしいと願った
29の小池徹平のこれからを見ていたいと思った

『0』という数字は実に楽な数字だろうか。そして、実に苦しい数字だろうか。
下1桁が0になるとき、人は生まれ変われる。芸能人は、生まれ変わることを求められる年なのかもしれない。そんなときの揺れる魅力に恋し、愛し、そんなヲタクを続けてきた。
今思えばそうなのかもしれない。


けれど、16。
あぁ、16か。と思う。16歳なのか、まだまだ。と。


私が今、見ていたい人は。未来を感じる人は。大好きな人は。楽しそうな子供な表情に、時折大人を混ぜ込んでくる。どうしようもない現実をどうにかできそうな気さえする。そんな未知の可能性を秘めている。
不安定なのにそれが安定してる。安定してるのに、そこが一番不安定。

工藤遥さんの形容しがたい魅力を好きになった。

その魅力のおかげなのか、せいなのか私はまだ性懲りも無くヲタクを続けるのだ。