読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

美しいものだけを見ていたい。

ヲタク只今充電中!

たった10年されど29歳。〜手越祐也生誕祭〜

19になるころの手越祐也が好きになり、19になったころにいわゆる『ファン』になった。
今日、11月11日手越祐也は29歳になる。
その年月はたった10年だ。この10年の自分を考えるとなにも変わっていないように思う。それでいて、この10年のNEWSを思うと随分様変わりしたな。なんて笑えるようになった。

さて、たった10年と言ったがその間に私も手越も歳を取るわけで…。20代を目前としていた青年は、30代を迎えようとする大人になった。19の手越を思い出す。なにかが変わった年なのは確かだ。初々しさを残しながら、今までの芋さが消え、垢抜け出した頃。歌が正当に評価され始めた頃。今の『手越祐也』に繋がるイッテQでまだ王子だった頃。あ、そういえば手越のキャッチコピーとして『悪気のない自己中』なんてのもあったっけ。そのすべては色を変え、ときには形さえ別のものになりながら今に確かに繋がっている。色も形も複雑になった。複雑にしたのは、手越の立ち位置と彼がもがいた10年だ。

あぁ、センターなのか。エースなのか。

あの日、あのとき、私が手越祐也を見てそう思うことはなかった。そして、そう感じることなんて一生ないと信じていた。自分が俯瞰的に手越祐也を見る日が来るなんて思ってもみなかった。そして感じる。私はどれだけ手越に上から目線だったのだろう。今思えばなにも関係ない人だ。でも、あのとき手越は私のすべてだった。そう信じていた。

1987.11.11
手越祐也が生まれた奇跡に感謝しよう。
そうそれはあの頃と同じように。