読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

美しいものだけを見ていたい。

ヲタク只今充電中!

片腕と片腕〜工藤遥、石田亜佑美演技論〜

ずっと舞台ー演劇ーで鞘師里保の隣に立っていたのは工藤遥だと思っていた。
姫と侍従
永遠の友
恋敵
形は変われど主役鞘師里保の隣には工藤遥がいた。そして主役・工藤遥になったTRIANGLEでも鞘師里保は確かに工藤遥の隣にいた。その関係が好きだった。

ENDLESS SKYで鞘師里保の隣に立った『工藤遥』を工藤遥と思えないほど、彼女たちが彼女たち自身の姿でなく隣にいることに見慣れてしまっていた。

そして、そんな私は鞘師里保の隣にいたもう一人の彼女の存在を失念していた。石田亜佑美
これは、あるファンの方が作られた動画。
いしどぅー パラレルワールド - YouTube

私は忘れていた。いや、知らなかったといったほうが正しいかもしれない。
ずっと鞘師里保の隣にいる石田亜佑美を思い出すと出てくるのはコンサートだ。ダンスだ。しかし、彼女は演劇の上でも鞘師里保の隣にいたのだ。
姫たちが世話になる店の看板娘
親友
恋される人
キーマンとして立つ石田亜佑美も確かにいつも鞘師里保の片腕だった。
リオンがフェイのために走る。そのためにはクリアとの話が必要だった。
ファルスの真実を知り、リリーの狂った人生を始めさせてしまうきっかけ。800年前の写真を見つけたのもチェリーだ。
そしてなによりビータ人であるキリとビータ人とオメガ人のダブルであるアサダが愛したのはサクラ。

鞘師里保石田亜佑美工藤遥。はいつも鞘師里保を中心にしながら、いや、ときに中心にいるメンバーを変えながら確かに3人で並んでたっていた。鞘師里保工藤遥の言葉の掛け合いが好きだったのと同じように、鞘師里保石田亜佑美石田亜佑美工藤遥の掛け合いも好きだ。独特のリズムで紡がれるそれは気持ちよく耳に入る。

さて、鞘師里保はいない。
もう舞台に立つ鞘師里保を見ることはないかもしれない。
今年モーニング娘。'16として舞台に立ったのは11人。今のモーニング娘。

片腕と片腕は真ん中にたった。
EAST タダ:石田亜佑美 フロル:工藤遥
WESTタダ:工藤遥 フロル:小田さくら
石田亜佑美は4番手。真のW主演とも言われるうちの1人。フォース。

座長として立つ2人の姿は美しかった。しっかりと、『普通』を演じる工藤遥石田亜佑美。きっとこの2人がモーニング娘。の演劇の未来。