読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

美しいものだけを見ていたい。

アイドルとジャニーズとWaT

工藤遥好きなセリフ特集

工藤遥 工藤遥演技論

工藤遥好きなセリフ特集 - 美しいと思うものただそれだけ。


工藤遥さんってよく表現の演技が上手にって言われてて、確かにそれはわかるんだけれど私的にはそれよりも工藤さんのセリフ回しが好きで。抑揚のつけ方とスピード感が特に上手いなぁと思うことが多いので好きなセリフとともにまとめておきます。(随時更新)

寒竹藤子(1974)

  • 炭水化物足らないんですけど
  • もっともーっとすごいの

この2つは言い回しがすごく好き。1974での工藤さん魅力は表情と小学生ゆえの荒々しさとかみずみずしさだと思うんだけど、その端々に現在の工藤さんのセリフ回しの巧さの片鱗が見え隠れしてるなぁと感じてて、その中でも
足らないんですけどの抑揚のつけ方と
もーっとの言い方が好き。今はシリアスな役回りをすることが多いけれど、こういうただただ明るくてその中に悲しさがある役っていうのも見てみたいなぁ…。

  • 藤子は裕福な子の気持ちにはなれない。藤子は藤子だ。

このセリフは本当に好きなセリフ。そしてもう一度言って欲しいセリフ。今ならどんな言い方をするんだろう?ってついつい考えてしまう。
ここの言い方はあまり好きじゃないんだけれど、「藤子は藤子だ」とかそういう口上っぽいの本当に似合うし上手いよなぁって。

  • 違いますかぁ〜?

このセリフから物語が動き出すって言っても過言ではないセリフ。この恋を知らない子が少し大人ぶる感じとか、表情も含めての幼さと優しさと清純さとかは今の工藤さんでは出せないこのころの工藤遥ならではの魅力だなと思う。

ドリュー(ステーシーズ-少女再殺歌劇-)

  • バーカッ

このバーカッの破壊力は抜群。今までの空気を変えてそこからはスポットライトはドリューだけのものになる。っていう感じがある。このバーカッだけでドリューの性格とかも全部わかってしまう感じがいいなぁ。

  • でも泣いてなんてやらない

自殺したタマヨに対するセリフ。今まで強気なセリフをベラベラ早口で喋ってたのにここでピタッて止まってまた早口で喋り出す。ここの緩急のつけ方が好き。

リオン(ごがくゆう)

  • そう言ってくれると思ってた?なんて身勝手な女だ。私は昔からあの女が大大大大だいっ嫌っ……だけど


……の部分で空耳が聞こえてうわぁーと叫んでそこからのだけどの表情がすき(結果:顔)

  • どちらまで?

このセリフはラストシーンの大切な伏線になってて、そこでこの言い方を持ってくるかという感じ。勝気な女の子の初めての不安な姿が声だけでも伝わる。これは工藤さんにしかわからないことだけど、2回あるどちらまで?だけが声の作り方違うような気がしてならない。というかここだけ声作ってるのかな?

  • ずっとあなたが嫌いだった

工藤さんに嫌いって言わせたい芸人。声質的に嫌いのきの言い方がすごくいい。(褒めてる)


これほとんどこのセリフじゃん。って今気づいた。



ファルス(LILIUM-少女純潔歌劇-)

  • いざとなればイニシアチブで無理矢理飲ますことだってできるんだぞ

イニシアチブとできるんだぞの掠れ具合がいいよね。あといざとなればのざ。シルベチカが自分のものにならない切羽詰まった感じが出てて好き。そしてそのあとのシルベチカのセリフからのたじろぎ方が好き。

  • 僕を1人にしないでくれ。僕を1人にしないで!

工藤さんの演技でも歌でも語尾とか母音の伸ばし方が好きでそれが一番出てるのがこのセリフかな?と思いました。ヒエラルキーが上なことで自分の寂しさだったり不安だったりそういう部分を隠していたファルスがリリーにイニシアチブを取られて自分の弱いところを見せざる得なくなっていく。というところを2回続くセリフの言い方を変えることで見事に表現してるなぁと感じます。

アサダ(TRIANGLE)

  • 至上の楽園。憧れの地だ。

工藤遥さんのナレーションが好きなんだけど、男性的なナレーション的なのもあってるなぁと思って…。
憧れの地だの言い方があこがれのこにアクセントがあるのと言い回しが絶妙にいい。至上の楽園。憧れの地だ。の一息のつき方もまたいい。息継ぎ上手いよなぁ。

  • それでいい
  • いいね
  • どうしても

3つともローズウッドとのラストシーンから。
それでいい→ゆっくりからの速め
いいね→速い
どうしても→ゆっくり
と緩急があってすごく素敵。
それでいいはそれで/いいで速さが変わって本当に漫画の男の子が言ってるように聞こえていい。
いいねは「ね」の後に小さい「つ」があってなおかつ、い↑い↓ねっという言い方が有無を言わさない感じが出てていい。そして次のローズウッドのセリフが泣きながらの「どうして?」で「どうしても」と続くからこそ相乗効果でこの3つのセリフの説得力が増す。気がする。
どうしてもは好きなセリフランキング一位なのでもう何が良いかとかいうより全てが好き。
どうしてもはいいねと違って置きに行くような言い方でど→もまででだんだんスピードが落ちていくんだけれど最後の「も」が重石を置くようなグッとした言い方で工藤さんに対しては使いたくないんだけれど、イケメン以外の言葉が見つからないです。

番外編

  • スワスワで痺れたんですって?

ごめん、あかねちん。
TRIANGLEナビで12期と工藤さん、石田さんが自主練してる映像で、スワスワの発音を指摘した工藤さんがお手本で言ったセリフ。ここの声の作り方がめちゃくちゃ好きで、やっぱり女役してほしいな〜と思います。