美しいものだけを見ていたい。

ヲタク只今充電中!

お疲れ様、ありがとう、おめでとう、よろしく!工藤遥さんは愛の人。

Q.工藤遥とはどんな人ですか?

と聞かれたら、私は答える。

彼女は愛の人だ。

愛されたいなら、愛されているって自信を持ちなさい


つい先日、耳にした言葉。
これを聞いた時、ハルちゃんの顔が思い浮かびました。


工藤遥ちゃん卒業おめでとう。


みんなが私の魅力を教えてくれた。
みんなが私を特別な存在にしてくれた。


ハルちゃんはすっごく優しくて、この世のものと思えないくらいピュアで、ダイヤモンドみたいにキラキラの瞳が本当に可愛い。だれが見たって特別可愛くて素敵な女の子なのに、ハルちゃんは言うんです。

「愛されたいだけのこんな私」

でも、私はそれがハルちゃんが特別な所以だと思っています。ハルちゃんは愛に飢えた人だ。と言ったこともありました。その考えは今も変わっていません。ハルちゃんは、誰よりもそして誰からも愛されたい!ってずっと言ってきました。けれど、愛されたい。って一方的な願いばかりでなかった。

愛されたいからたくさん愛そう。そんな簡単で、でも、誰もができないことを自然にできてしまう。そして、その裏には何のやましい気持ちがない。そんな女の子だから、みんなハルちゃんに集まってきたんだと思う。

私も、短い間だけれど
ハルちゃんにいっぱい愛してもらった。これ以上ない愛をもらえたって感じられる。

毎日ブログ、ツアー日記、メールで書かれる言葉。コンサートで発せられる言葉。どれにも愛してる〜!って思いで溢れてて、それが当たり前になっちゃってたけれど今振り返ると私の方が愛さないといけないのに、どんだけ愛されてたんだろう?どんだけ甘やかされてたんだろう?と感じるばかりです。


愛の人が選んだハートでたくさんのドレス。
綺麗だったなぁ。

みんなが見たい姿がしたい。それが欲だと言ってくれたハルちゃん。

こんなに愛で溢れたドレスはなかったと思う。
私たちの重っ苦しい愛を全身に溜めて、それをパワーにしてくれてありがとう。それを一度たりとも拒まないでくれてありがとう。

だから、未来を語ってくれるのが嬉しかった。
ハルちゃんは誰かのために生きられる本当に優しい人だから、ハルちゃんが見たい未来を教えてくれて嬉しかった。

私が好きになった頃のハルちゃんは、まだカメラでドアップで抜かれると目が揺れちゃうような自信のない人だった。真っ直ぐ見据える瞳、そして自信がある!強くなった!と言い切ったところすっごくかっこよかったです。


卒業発表のとき最後にいった
「またね。と言えるように」
が心に残っていて

これを見て、私も晴れやかにいや、少し寂しいけどね。またね。と笑い泣きながら言える。
なぜならこの7ヶ月届けー!ってお互い思い続けた愛があると信じているから。

ハロコンでの自然発生でのオレンジも
香港での遥コールも
埼玉凱旋も
10期カラーのペンライトも
どれもこれも参加できなかったけれど


愛を伝えられる場面では、もっともっと!伝われ!って思ってた。

たくさんの人に愛されて工藤ならやってやろう。って他のメンバーが好きな人にも思われるあなたが本当に本当に自慢です。


自慢できるような人になる!って言うけれど
私は、ハルちゃんを知れたことが本当に自慢だった。


出会ってくれてありがとう。


ハルちゃんが言ってくれた言葉をそのままお返しします。


最後の日に煮物を作ってくれる優しい家族に包まれて



地球の裏側からも応援してくれる人たちがいて



仲間からのエールと愛を一新に受けて


旅立っていくハルちゃんへ。



私たちの大好きなもやしっ子のどぅーちゃんはもういないけど
みんなの工藤遥になれる日が来るまで待っています。


もう少しだけハルちゃんから発せられる大好きー!を頂戴ね。
いっぱい返すから。