美しいものだけを見ていたい。

ヲタク只今充電完了!

確かな意思と柔軟さ〜工藤遥ちゃんのインタビューを読みました〜


やっとあったんだけど!
どこもかしこも売り切れ、在庫なし…。
やっとあった店でも残り一冊で滑り込みセーフだったわ〜。

UTB:h (ヒロイン) vol.3 2018 SPRING (アップトゥボーイ 2018年 6月号 増刊)


こう…目をそらしてしまうほどに眩しかった。
私の推しの工藤遥ちゃん含め、特集組まれてる子もそうでない子もみんなさわやかでまぶしくて10年後、本当に楽しみだなぁと思わせてくれた。

さて、私は工藤遥ちゃんのインタビュー記事が大好きで
あの子の紡ぐメッセージにいつも心が温かくなります。


ネタバレ注意

やはりモーニング娘。時代から見てきたオタクとしては彼女が今語る元・モーニング娘。としてのあり方というのはとても気になるところです。
そして、今彼女の価値っていうのの大部分は正直元・モーニング娘。にあると思うから、インタビュアーさんが求めるのもそういう部分だと思う。そんな中でモーニング娘。への言及は
『パトレンジャーに負けないところは?』
と同じくらい、いやそれ以上聞かれ続けてるところだと思います。

ハルちゃんはずっと変わらずいいます。これは卒業前からもそう。
✔️元・モーニング娘。ってことに頼りたくない
✔️モーニング娘。の役に立ちたい
そして今回
✔️モーニング娘。の看板を傷つけたくない
と言ってくれました。

モーニング娘。の入り口になりたいと言っていた子が
外に出たって同じようなことを思ってくれること。
そして、今、それが現実になっている場面を見ます。
嬉しくて嬉しくてたまらないんです。

きっと彼女は
『ハルのファンの人はハルがいっぱいテレビ出ると嬉しいはず!』
なんて思ってくれてるのかな?とおもっています。
事実私も、工藤遥が手の届かないくらい遠くに行って欲しいと思っています。
その覚悟も勇気も意思もある人だと信じてるから。

でも、彼女は頑固な人ではないです。
柔軟さを持ち合わせています。
今回のインタビューで、自分と初美花は真反対だから、自分が思う演技プランと全部別のことをやれば案外うまくいく。のようなことを言っています。
また6人ともみんなライバルだけどやっぱりレッドが一番かっこいい!と思われないといけない。とも。
こういう柔軟さが好きなんです。

時に自分を殺してまでも
自分の意思ややりたいことを全て捨ててまでも
それでも、いいものを作る。
その柔軟さが好きなんです。

大きな意思はあるけれど、小さなこだわりはない人だと思っていました。

ハルちゃんはショートにこだわりを持っていたけれど
前髪の長さや、ショートの長さへのこだわりは無くて
シルエットとしてショートと見られればいい。みたいな。

ざっくりとしたこだわりの中で自由に動ける人でした。

ハスキーであることにこだわりはあるけれど
聞こえにくかったり、少し低すぎるからいつもキーを高めにして喋ってる。と言っていたり

妥協点を自然に探せる人だと思います。
まぁときどきなんだか変なこだわりはあるけど(ミルクティーとか)

そういう柔軟さがあるからこそ
みんなに愛されるし、愛せるし
そういうところすっごく女優さんに向いてると思うんです。





工藤遥ちゃんの美しい未来へ。