美しいものだけを見ていたい。

ヲタク只今充電完了!

1789-バスティーユの恋人たち-


私史上世界で一番かっこいい男は小池徹平演じるロナン・マズリエなんですけど、女はソニンのソレーヌ・マズリエね。
カーテンコールで安心したみたいにふにゃりと笑った瞬間
もう吹っ飛んだ。
お前がNo.1だ

ネタバレです。


初演ぶりの1789
しかも初演は途中からしか見られてないからちゃんと最初から見られる1789は初観劇でした。
やっぱりこの物語好きだなぁってなった。
フレンチロックミュージカルということで
音楽もTHE・ミュージカルというよりちょっとポップスに寄ってるし
なによりてっぺーくんと1789楽曲の親和性が半端ない。

エンターテイメントガン振りだから
史実とかクソ喰らえ!みたいなそんなでも、そんな世界線もあったんじゃないの?と思われるストーリー。

私はロナンプカップルも可愛くて優しくて強くて好きだけど
やっぱりマズリエ兄妹が本当に好き。

マズリエ兄妹はずっと強くて血の気が多くて愛に溢れてるだからこそ父を失い、ソレーヌは兄さえ失う。それでも涙を流しながら前を向くソレーヌの顔がすごくすごく、あぁロナンだぁ…ロナンの妹だぁって思った。

本当に最後の悲しみの報いのときのソレーヌの顔がかっこよくて憂いに満ちていてソニン天才!ってなるのでぜひ見ていただきたい。


初演と比べて私が感じたのが
描写の丁寧さ。

初演のロナンとオランプは運命のように惹かれあって、運命のように恋をする。ロナンも運命の導きのまま革命に身を投じる。みたいなイメージがあったんだけど(オランプは初演:神田沙也加 今回:夢咲ねねでしか見てないから比較できない。)

今回はロナンはオランプの強さと行動力に惚れて、オランプはロナンに俺と同じ不器用だからと言われて恋に落ちてしまうみたいな、ロナンもみんなのためにというより自分のために自分の自由のために革命へと向かっていくっていうのが丁寧な気がした。



あとアントワネット!
ほんっとこのアントワネットの最後のシーンがとっても好きで。
アントワネットの虚無感を表したとてもステキな場面。
史実のアントワネットはマリア・テレジアの元に亡命しようとしたんだけど1789のアントワネットはそこに残りただ罰を待つ。
それこそここにいるのが運命なのだからというように。

そこでシャーンという音ともにギロチンが落ちるのが
アントワネット、もう苦しまなくていい
寂しい思いも悲しい思いもそれから争うように暴れなくてもいい
ただただ静かに死ねた。その最後。美しく思う。
1789のアントワネットはどこまでいっても美しい王妃だった。



やはりマズリエ兄妹大好きで
この高らかに言ったあとに
涙が引きただただ歌うソレーヌと仲間たち
それを見守るロナンの構図が
大団円感があって終わり良ければすべて良しというか
いや、全ていいんだけど
スッキリして帰れる
そこが1789の一番の魅力
ただの青春群像劇に最後は持って行ってくれて
静かにフランスから日本へ戻してくれる優しさ。
それが1789カンパニーにはあるんだよね。



ただいまJAPAN


今日もあなたたちが願った自由のもと
私は生きています